投稿日:2023年1月10日

こんな症状に要注意!屋根塗装の劣化サイン

こんにちは!東京都立川市に拠点を構え、屋根工事や外壁工事、大規模修繕工事などの各種業務を承る株式会社憲創です。
屋根は日々太陽光や雨に晒されている場所であるため、年数が経過していなくても塗装の劣化が生じやすいものです。
屋根塗装の劣化が生じた場合、すぐに塗装工事を行わなければ建物の寿命を短くしてしまいます。
そのため、屋根の状態を確認し、劣化サインがあればすぐに塗装工事を行う必要があるのです。
そこで今回は、屋根塗装の劣化サインについてご紹介させていただきます。

塗装の色あせ

色あせのイメージ
塗装工事を行った時よりも色あせている状態は劣化サインの1つです。
色あせは塗膜の劣化が始まっていることで起こる現象です。
すぐに建物に影響があるものではないものの、放置していると次第に状態が悪化していく可能性があります。
色あせを発見したら、塗装工事を検討しましょう。

苔や藻の発生

色あせから悪化し、防水性が低下すると苔や藻が発生します。
この状態になった場合、塗装がその役割を果たせていないため、雨漏りなどの大きなトラブルに発展する危険性が高いです。
また、屋根そのものの耐久性の低下が進んでいる状態であるため、至急専門業者に相談しましょう。

屋根材の破損

経年劣化や台風などによって屋根に破損が生じた場合、そこから雨水が浸入してしまう危険な状態です。
屋根から雨水が浸入すると、建物内部に水が溜まり、雨漏りが発生するでしょう。
雨漏りは家具や家電を水浸しにしてしまい、故障を引き起こします。
さらに、建物内部に溜まった水が原因で柱などの建物を支える躯体部の腐食やカビの発生による健康被害など、大きな問題に発展します。
屋根材の破損、異変は発見次第大至急専門業者に相談し、修繕を行いましょう。

憲創へご相談ください!

キーボード上問い合わせ
憲創は経年に伴う劣化やライフスタイル変化に伴う変化など、お客様の状況やご要望に応じた柔軟な対応が可能です。
弊社は屋根工事や屋根塗装工事、外壁工事をはじめとした建物にかかわるさまざまな施工に対応しております。
屋根塗装の劣化や破損に対しても、事前相談やお見積もり依頼を無料で承っております。
そのため、少しでも不安に感じた場合、異変かもしれないと思った時点で、現場に駆け付けて状態の確認が可能です。
屋根の破損や塗装工事をお考えの際には、まずは憲創へご相談ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

修繕工事・改修工事なら東京都立川市の『株式会社憲創』へ
株式会社憲創
〒190-0022
東京都立川市錦町1丁目4-4
立川サニーハイツ203
TEL&FAX:042-313-6090


関連記事

現地調査から施工まで防水工事を一貫して承ります!

現地調査から施工まで防水工事を一貫して承…

一貫施工は弊社にお任せを! 防水工事をご検討中ではありませんか? 弊社は、現地調査から施工まで一貫し …

新築案件

新築案件

本日は神奈川県横浜市の事務所、賃貸マンションの新築工事の現地調査に行ってきました。狭小地の案件の為、 …

修繕工事

修繕工事

本日も千葉県千葉市の工場にて屋根、樋工事を行っています。 …

お問い合わせ  採用情報  ご予約はこちら