投稿日:2023年2月9日

外壁の塗り替えは塗料と外壁材の相性に注意!

こんにちは!東京都立川市を拠点とし、大規模修繕工事・新築・外壁・改修・屋根工事のほか各種工事を手掛ける株式会社憲創です。
外壁を塗り替えは、できるだけ長持ちさせたい、メンテナンス性を高めたいと言う方も多いのではないでしょうか。
高性能の塗料は性能の高さや耐用年数の長さなど利点もありますが、塗料にあった外壁材でなければ効果を得られません。
今回は塗料と外壁材の相性に注意すべき点をご紹介します。

塗料と外壁材の相性とは

塗装
塗料は外壁材など塗装材料の素材にあわせて成分を構成しており、機能を発揮するには相性が良い材料を選択することが肝心です。
外壁材にはモルタル外壁、金属系・窯業系などのサイディング、ALC、タイルなどがあります。
塗装する際は、外壁材および下塗り・中塗り・上塗りにおいても、最適な塗料を使うことで長期間機能を保てます。
そのため、たとえ高性能の塗料であっても、素材に適さない場合は本来の機能を発揮できません。

モルタル外壁・金属系サイディング

モルタルはセメントと砂を練った防水性のない外壁材のため、ひび割れしやすい特徴があります。
そのため、弾性塗料を塗装することで塗材がゴムのように延びてひび割れを覆うため、雨水の侵入を許しません。
金属系サイディングは金属を加工した外壁材のためサビが弱点であり、一旦発生すると周囲に広がることがあります。
塗り替えでは付着性を高めるため、外壁材にあったシーラーやプライマーを使用しなければなりません。

窯業系サイディング・ALC

窯業系サイディングは繊維を混ぜ込んだセメントを成型した外壁材であり、塗装によって防水性を保たなければなりません。
塗り替えるときは透湿性の高い塗料なら湿気を逃がす塗膜をつくるため、建材の腐食や結露を防げます。
ALCはセメントなどを発砲・凝固した外壁材のため、無数の細かい穴から給水しないように塗膜で保護することが大切です。
それには、内部に水分のこもりにくい透湿性の高い塗料を塗ると良いでしょう。

憲創へご相談ください!

手を出す女性
塗り替えや張替えなどの外壁工事で、建物の外観をリニューアルしませんか。
長年お住いの建物は、時間の経過とともに悩みも増え、劣化部分も目立ってきます。
弊社は立川市・国分寺市など都内を中心に一都三県において、多様な建築物の施工に携わっています。
塗料の選択は非常に重要であり、現場経験の豊富な業者だからこそ素材にあった最適な提案が可能です。
これまでの経験と知識、技術を生かして、高品質な施工をご提供します。
ご相談・ご依頼はお問い合わせフォームまたはお電話へご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

修繕工事・改修工事なら東京都立川市の『株式会社憲創』へ
株式会社憲創
〒190-0022
東京都立川市錦町1丁目4-4
立川サニーハイツ203
TEL&FAX:042-313-6090


関連記事

S様邸 内装工事

S様邸 内装工事

S様邸 内装工事 施工前 施工後 施工前と施工後では、ガラッと印象が変わりましたね! 弊社ではこうい …

修繕工事

修繕工事

本日も東京都小平市から千葉県千葉市の工場にて修繕工事に来ています。明日も工場内で鉄骨工事、内装工事の …

修繕工事

修繕工事

本日も引き続き千葉県千葉市の工場にて内装工事を行いました。 …

お問い合わせ  採用情報  ご予約はこちら