投稿日:2023年1月28日

あなたの家は塗装できる?塗装できない屋根のリフォーム方法

こんにちは!東京都立川市を拠点に、一都三県において大規模修繕工事・新築工事・リフォームなどを手掛ける株式会社憲創です。
建物の塗装工事は立地条件やご要望・用途にあわせて行うのが一般的ですが、塗装できない屋根があるのはご存知でしょうか。
屋根のリフォームは適切な方法で行わなければ、雨や風、太陽光などから建物を守ると言う本来の役割を果たせません。
今回は塗装できない屋根のリフォーム方法についてご紹介します。

塗装できない屋根とは

ヘルメット男性
塗装できない屋根の1つに、塗装しても強度を保てない屋根、破損箇所の多い屋根があります。
具体的には、ひび割れ・欠損が多い、塗膜の膨れや剥がれのある状態、下地や防水シートに傷みのあるものです。
もう1つは2000年頃に発売されたノンアスベストの屋根材が多く、中でもパミールは代表的な製品です。
パミールは劣化が進むと層状に剥離するため塗装する意味がなく、交換する方が最終的なコストを抑えられます。

塗装できない屋根の見分け方

塗装できない屋根は前述のパミール以外にもいくつかあり、専門的な知識のない方が見分けるのは難しいでしょう。
屋根材は経年劣化との区別がつかないことも多く、それぞれ特徴や症状が異なります。
また、建物の設計図にある使用材料の品名と建築年数により判明しますが、工事中に仕様を変更することもあります。
それには、図面と実際に使用している建材が異なる場合も含め、専門家に点検してもらって判断するのが良いでしょう。

塗装できない屋根のリフォーム方法

塗装できない屋根は劣化状態に応じて、部分補修・カバー工法・葺き替えなどのリフォーム方法を選択します。
部分補修は劣化が著しい部分だけを取り替える方法のため費用を抑えられますが、メーカー保証の有無を確認しておきましょう。
カバー工法は既存に屋根の上から新しく覆う工法であり、二重の屋根により断熱性・遮音性が高く解体費用などを抑えられます。
葺き替えは全ての屋根材を撤去して新しく葺くため、長期的な雨漏り対策のできる工法です。

憲創へご相談ください!

手を出す女性
お住まいの屋根が塗装できるリフォームか確認してみませんか?
弊社は一軒家からマンション・工場・倉庫において、屋根工事・外壁工事などの建築工事を手掛けてきました。
「どんなことでも、挑戦する」をモットーに、現場で培った技術と知識を磨き続けています。
建物の施工は入念な現場調査と、丁寧なヒアリングで最適なプランを提案します。
住まいのご相談は、弊社お問い合わせフォームへご連絡ください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

修繕工事・改修工事なら東京都立川市の『株式会社憲創』へ
株式会社憲創
〒190-0022
東京都立川市錦町1丁目4-4
立川サニーハイツ203
TEL&FAX:042-313-6090


関連記事

アパート改修工事

アパート改修工事

東京都国立市のアパートにて昨日と今日改修工事に行ってまいりました。工事完了の確認の際にお客様より想像 …

梅雨入り前に防水工事を済ませましょう!

梅雨入り前に防水工事を済ませましょう!

風薫る季節となりましたが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか? 防水工事は、雨の日が続く梅雨に入る前 …

改修工事

改修工事

本日は東京都小平市から東京都三鷹市で打合せ、その後千葉県千葉市の工場にて改修工事(屋根、樋工事、防水 …

お問い合わせ  採用情報  ご予約はこちら