投稿日:2023年1月31日

屋根修理はどんな種類があるの?工事内容をカンタン解説!

こんにちは!東京都立川市に本社を置き、都内近郊エリアの大規模修繕工事・外壁工事・などを承っております株式会社憲創です。
屋根修理は劣化している部分を取り替えるだけだから、費用も安く抑えられる工事だと思っておられませんか。
実は屋根修理は建物の劣化状況や屋根の材質を考慮しながら、お客様のご要望・用途・費用にあわせて最適な施工を行っているのです。
今回は屋根修理の種類と工事内容をご紹介します。

葺き替え工事・重ね葺き(カバー)工事

オッケー男性
葺き替え工事は既存の屋根を撤去し、下地や防水シートの張り替え補修を行った後、新しい屋根材を設置する工事です。
築30年以上の住宅や劣化の激しいケースに行う方法であり、工事の工程も多く規模も大きくなるため費用も高くなります。
重ね葺き(カバー工法)は既存の屋根に新しく下地をつくり、新しい屋根材を乗せる方法です。
屋根材はトタンやスレートが向いており、劣化の激しい屋根材や凹凸のある瓦屋根には施工できません。

塗装工事

塗装工事は高圧洗浄機で汚れを洗い流し、下塗り塗料の塗装後、顔料の入った塗料を2回合計3~4回塗装を行うのが一般的です。
トタン屋根はサビを落として塗料の密着性を高め、スレート屋根は塗装後、材料の縁についた塗料をカットする作業が必要です。
また、塗料にはさまざまな種類があり、断熱やセルフクリーニングなど機能性の高い製品もあります。
それぞれ耐用年数や価格が異なり、建物の立地条件や求める用途にあわせて塗装します。

部分補修

屋根塗装は屋根材のほかに漆喰や棟板金、雨樋などの補修や交換、修理を行う必要があります。
漆喰は屋根瓦と下地を固定する接着剤の役割があり、年数とともに剥がれや崩れを補修して雨水の侵入を防ぎます。
棟板金は釘の打ち直しや棟板金の交換、下地の補修が必要であり、棟瓦に崩れている箇所がある場合は瓦を積み直す作業が必要です。
雨樋工事は破損部分の修理・交換のほかに、ごみなどの詰まりをなくし雨漏りを防ぎます。

憲創へご相談ください!

手を出す女性
戸建住宅の屋根修理は、現場の状況にあった最適な施工が肝心です。
建物の劣化は表面だけでなく内部にまで及んでいるケースがあるため、適切な施工を行わなければなりません。
弊社は戸建住宅から工場など、多くの現場経験で培った知識と技術で高品質な施工をご提供しています。
住まいに関するお悩みや工事のご依頼は、ぜひ、弊社へお気軽にご相談ください。
屋根工事のご相談は、お問い合わせフォームまたはお電話で受け付けています。
皆様からのご連絡をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

修繕工事・改修工事なら東京都立川市の『株式会社憲創』へ
株式会社憲創
〒190-0022
東京都立川市錦町1丁目4-4
立川サニーハイツ203
TEL&FAX:042-313-6090


関連記事

改修工事

改修工事

本日より神奈川県相模原市にて外壁塗装の工事が始まりました。まずは高圧洗浄を行い、各所養生作業にはいり …

改修工事

改修工事

本日は東京都小平市から東京都三鷹市で打合せ、その後千葉県千葉市の工場にて改修工事(屋根、樋工事、防水 …

修繕工事

修繕工事

本日も千葉県千葉市の工場にて、鉄骨工事、内装工事、給排水設備工事を行っております。消火栓配管の取換工 …

お問い合わせ  採用情報  ご予約はこちら