投稿日:2023年2月3日

屋根瓦が割れる原因とは?長持ちさせる修理方法をご紹介

こんにちは!東京都立川市に拠点を構え、屋根工事・外壁工事のほか大規模修繕工事など多様な工事を展開する株式会社憲創です。
屋根瓦は陶器製のため割れにくく丈夫で高い耐久性があるため、半永久的に使用できる素材として知られています。
しかし、屋根瓦は割れることもあり、建物にあらゆる被害を引き起こす原因となるため、見つけたら早急に修理が必要です。
今回は屋根瓦が割れる原因と長持ちさせる修理方法をご紹介します。

瓦が割れる原因

空と男性
瓦が割れる原因は、衝撃・劣化・自然災害・寒さにあります。
衝撃による割れとは人が屋根にあがって歩いたときや、エアコンの室外機・アンテナの転倒など過度にかかる負荷が原因です。
瓦を固定する鉄釘はサビが生じて劣化し、時間の経過とともに膨張して瓦を割ります。
また、台風などで飛来した落下物や大屋根からの落雪など、自然災害によって割れることもあるのです。
他にも寒さで凍りついた瓦の表面が割れる、凍て割れという現象もあります。

瓦の割れにより発生する問題

瓦の割れにより発生する一番の問題は、建物の劣化を進める雨漏りです。
屋根は瓦とルーフィングという防水シートによって、下地となる野地板を雨水から守っています。
ルーフィングは太陽光や雨風に弱く、瓦の割れた部分から劣化が進み防水能力を失うことで雨水が下地から室内へと浸入します。
瓦の割れは適切な処理を行わなければ、時間の経過とともに雨漏りの被害が拡大して大規模な工事が必要になるのです。

瓦の修理・メンテナンス

屋根瓦の修理は現状を確認してから行い、メンテナンスも材質ごとに定期的に行います。
瓦が数十枚割れたときや下地まで損傷している場合は、専門業者へ依頼して補修してもらうと良いでしょう。
また、雨漏りを防ぐメンテナンスは、粘土瓦なら25~30年、スレート・板金は10~15年を目安に行うことが肝心です。
屋根は普段は見えない場所にあるため、雨漏りに気づく前にメンテナンスを行うことで無駄なコストを抑え建物を丈夫に保てます。

憲創へご相談ください!

手を出す女性
美しい屋根瓦の修理・メンテナンスは、さまざまな施工技術のノウハウがある弊社にお任せください。
弊社は建物の大小を問わず、さまざまな現場において多くの知識と技術を培ってきたスタッフが在籍しています。
施工・メンテナンス・アフターフォローまで、細やかな部分に配慮し、全ての業務に妥協を許しません。
お客様のご要望を十分に把握し、最適な提案と高品質な施工により理想を実現します。
工事のご相談・ご依頼は、お問い合わせフォームへご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

修繕工事・改修工事なら東京都立川市の『株式会社憲創』へ
株式会社憲創
〒190-0022
東京都立川市錦町1丁目4-4
立川サニーハイツ203
TEL&FAX:042-313-6090


関連記事

打合せ

打合せ

本日は東京都小平市より東京都板橋区のお客様と既存戸建て住宅の解体、その後の戸建て新築工事の打合せに行 …

信頼できる内装工事業者の探し方とは?

信頼できる内装工事業者の探し方とは?

「内装工事をお願いしたいけれど、安心して依頼できる業者の探し方がわからない」 読者の中にはこのように …

店舗 内装工事

店舗 内装工事

本日は東京都目黒区にて店舗内トイレの内装工事のお見積りを提出してきました!トイレの床、便器、手洗い器 …

お問い合わせ  採用情報  ご予約はこちら