投稿日:2021年12月7日

雨どい工事の施工時期とは

こんにちは!
東京都小平市に拠点を構え、東京都や千葉県・埼玉県・神奈川県を中心に各地で工事を行っている、株式会社憲創です。
当社の主力業務は、建物の大規模修繕工事や外壁塗装工事・防水工事や屋根工事など。
今回はその中でも、雨どい工事を施工するべきタイミングについてご紹介したいと思います。

工事のタイミングその1 築10~15年を迎えた時


雨どいの耐用年数は、約10~15年と言われています。
そのため、建物の築年数がこの年数になってきたときは、雨どいのメンテナンス時期と考えられるでしょう。
雨どいは見た目には壊れていなくても、内部では徐々につまりや腐食が起こっているもの。
早めに工事をすれば雨どいの部分的な工事だけで済み、費用も1~3万円で工事できるので、何もなくても築年数が10~15年になったタイミングで一度メンテナンスすることをおすすめします。

工事のタイミングその2 水漏れやゆがみが起きた時

定期的なメンテナンスや補修をしていない場合、内部のツマリやゆがみが進むことで水漏れが発生してしまいます。
この時はすぐにでも雨どい工事をして水漏れを直すべき!
雨どいの水漏れや故障を放置してしまうと、雨水が外壁を直接つたうことになり、外壁の損傷が早く進む結果に。
建物全体を長持ちさせるためにも、雨どいに異変が生じた場合にはできるだけ早く補修工事をするようにしましょう。

定期的な雨どい工事はお任せください


ここまで、雨どい工事のタイミングについてご紹介してきました。
雨どいからの水漏れやゆがみといった目に見える異変がなくても、10~15年に一度は雨どいのメンテナンスや補修をすることで、建物全体の耐久性をアップさせることができるんですね。
定期的な雨どい工事を始め、外壁塗装工事や屋根工事・防水工事は私たち株式会社憲創におまかせください!
経験豊富で1級建築施工管理技士の資格を持ったプロが、ご満足いただける工事をご提供致します。
雨どいの劣化等が気になる方はぜひお問い合わせください!

建築工事の経験者を大募集しています!

ただいま株式会社憲創では、今後の業務拡大・技術補強のため、建築工事の経験者の方を大募集中!
建築施工管理技士の資格を持っている方は特に優遇致します。
少しでも当社が気になった方は、ぜひお気軽に当社へご応募ください!
皆様のご応募をお待ちしております。

最後までお読みいただきありがとうございました!

修繕工事・改修工事なら東京都小平市の『株式会社憲創』へ
株式会社憲創
〒187-0023  東京都小平市上水新町1-13-59
TEL&FAX:042-313-6090


関連記事

現地調査

現地調査

本日は東京都小平市の動物病院の内装工事の現地調査に行ってきました。 …

改修工事

改修工事

本日も東京都小平市の某会社様の改修工事を施工しております。本日も引き続き屋根工事施工です。 …

修繕工事

修繕工事

本日は千葉県千葉市の工場にて漏水による内部天井解体を夜間作業で行ってます。明日から屋根防水工事が始ま …

お問い合わせ  採用情報  ご予約はこちら