投稿日:2024年1月9日

外壁塗装を行うタイミングとは?

こんにちは、株式会社憲創です。
弊社は東京都立川市を拠点に、多岐に渡る塗装工事を手がけております。
国分寺市を始めとする都内や、広域をカバーする千葉、埼玉、神奈川といった周辺エリアにおいて外壁塗装、屋根塗装、防水工事など、多くの業務を展開する業者です。
本記事では外壁塗装の適切なタイミングとその重要性について話を進めてまいります。
弊社の施工に関心をお持ちのお客様、ぜひ最後までお読みください。

外壁塗装の必要性と適切な判断基準

塗装
外壁塗装は、お家の美観を保つだけでなく、建物を守る大切な役割を果たします。
日々の紫外線や雨風にさらされ続けることで、建物の外壁は徐々に劣化していくのです。
こうした劣化を放置すると、建物そのものの耐久性に影響を与え、将来的な大規模な修繕費用に繋がる可能性があります。
適切な判断基準としては、外壁の色褪せ、クラック(ひび割れ)、コケやカビの発生、塗膜の剥がれなどが挙げられます。
これらのサインが見られたら、外壁塗装の適切なタイミングと言えるでしょう。
また、塗装後10年程度が経過すると素材自体が劣化しやすくなるため、検討を始める目安としても良いかもしれません。

季節や気候が塗装に与える影響

塗装作業の成功は、季節や気候条件が大きく影響します。
理想的な塗装作業を行うためには、温暖で湿度が低めの天候が必要とされています。
湿度が高いと塗料の乾燥に時間がかかり、雨が降ると施工が中断される恐れもあります。
結果として、塗装の質にも影響が出やすくなってしまうのです。
そのため、外壁塗装は春から初夏、そして秋が最も適しているとされています。
特に、関東地方では梅雨明けから秋口にかけての気候が安定しており、外壁塗装に最適なシーズンと言えるでしょう。
もちろん、冬場の乾燥した状態でも施工は可能ですが、低温により塗料の性質が変化しやすいため、注意が必要です。

専門業者が答える塗装タイミングのQ&A

お客様からよく寄せられる質問の一つに、「いつ塗装すれば良いのか」というものがあります。
塗装業者としてお客様ごとの建物の状態を見極め、最適な塗装タイミングをご提案しています。
例えば、これまで一度も塗装を行っていない新築から10年程度経過した建物では、色褪せやひび割れが起こりやすい時期と見て、塗装工事をお勧めすることが一般的です。
また、「多少のひび割れなら放置しても大丈夫?」という疑問については、外壁のダメージが内部に進行する前に対処することが重要です。
小さなひび割れでも、そのまま放置すると水分が侵入し、建物内部の腐食やカビの原因になりかねません。
早期の塗装が後の大きなトラブルを防ぐことに繋がります。

塗装工事はお任せください!

グラフ
立己市を始め、周辺各地で外壁塗装、屋根塗装、その他様々な塗装工事をお探しの際は、ぜひお問い合わせフォームから株式会社憲創へお気軽にご連絡ください。
弊社の専門スタッフが、お客様の大切な財産を守るためのサポートを全面的に行います。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

修繕工事・改修工事なら東京都立川市の『株式会社憲創』へ
株式会社憲創
〒190-0022
東京都立川市錦町1丁目4-4
立川サニーハイツ203
TEL&FAX:042-313-6090


関連記事

新築工事

新築工事

本日は東京都新宿区のアパート新築工事の年内最後の作業に行ってきました。本日で当社も仕事納めになります …

長期修繕工事

長期修繕工事

本日は東京都小平市から千葉県千葉市の工場にて長期修繕工事の打合せに設計事務所様と来ています。 …

お客様と打合せ

お客様と打合せ

先日、東京都小平市から東京都国分寺市にガレージの屋根工事、雨樋工事、塗装工事、内装工事、シャッター工 …

お問い合わせ  採用情報  ご予約はこちら