投稿日:2023年3月11日

大規模修繕工事のマンション外部金物とは? 工事の流れもご紹介

こんにちは!東京都立川市の本社を中心に、大規模修繕工事・リフォーム・外壁工事・屋根工事を手掛ける株式会社憲創です。
マンションの外観にサビが目立つと、建物全体の印象が損なわれます。
鉄部に生じるサビは、時間が経つと脆くなり強度も低下して危険性を高めます。
大規模修繕工事は建物の美観を、保ち劣化・損傷を抑えるために塗装工事を行っているのです。
今回は大規模修繕工事における外部金物についてご紹介します。

マンションの外部金物

男性
マンションの大規模修繕工事では、共用部・専有部の外部金物(鉄部)も劣化状況にあわせて修繕します。
共用部は、鉄骨階段・屋上・エレベーター扉・消火栓・非常階段・屋外照明器具・外構フェンス・自転車置き場などです。
専有部はメーターボックスやパイプスペースの扉、バルコニー竪樋・手摺・隔て板などがあります。
外部金物は主に鉄でできている部分であり、修繕の目安は4年と言われています。
鉄部の劣化症状は、粉が付着するチョーキング現象、変色・退色のほか塗装の剥離によるサビの発生などです。
外部金物はサビや腐食などの劣化に気付きにくく、腐食した部分は落下事故などにつながるため早期発見・対処が肝心です。

外部金物塗装工事の流れ

金物塗装工事は、はじめにケレンでサビを落とし、塗装面の状態に合わせて機械やブラシ、研磨紙を使って表面を平滑にします。
その後、サビ止め塗料を下塗りすることで水や酸素を遮断し、金属の腐食を防ぎます。
次は、サビ止め塗料を紫外線から保護する上塗り塗料を塗り、塗膜厚を確保して耐久性を発揮する重要な工程です。
上塗り塗料は、1回目の中塗り、2回目の上塗りを行い、下塗りから上塗りまで3回塗装を行います。
金物塗装工事で使用する上塗り塗料は、一般的にウレタン樹脂塗料が使われており、工事中はシンナーなどの臭いも発生します。
そのため、玄関扉やバルコニーなどで塗装する際は、窓を閉めるなどの対策をしておきましょう。

憲創へご相談ください!

男性二人
アパートやマンションなどの経年劣化による大規模修繕工事が必要ではありませんか?
建築物にはタイルや塗装、金属などさまざまな材料が組み合わさっています。
そのため、築年数10年を迎える頃から計画的にメンテナンスを行うことが肝心です。
建物の大規模修繕工事は、幅広い施工経験のある弊社にお任せください。
大規模修繕工事のご相談は、お問い合わせフォームまたはお電話へご連絡ください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

修繕工事・改修工事なら東京都立川市の『株式会社憲創』へ
株式会社憲創
〒190-0022
東京都立川市錦町1丁目4-4
立川サニーハイツ203
TEL&FAX:042-313-6090


関連記事

改修工事

改修工事

本日は東京都小平市から神奈川県相模原市のお客様の戸建て外壁塗装等の打合せに行ってきました。 …

工場 長期修繕工事

工場 長期修繕工事

本日も昨日に引き続き千葉県千葉市の工場にて長期修繕工事に行ってまいりました。内部パネル貼り、柱の補強 …

打合せ

打合せ

先日、東京都小平市から東京都中野区のマンションにてリフォーム案件で内装工事、倉庫の増築工事で屋根工事 …

お問い合わせ  採用情報  ご予約はこちら